人気が高い海外不動産│期待値の高いアジア諸国

女の人

今後の発展が期待される

男性

近年では、不動産投資による資産運用を行なう人が増えています。しかし、東京といった都市部では、海外投資家の参入により土地価格が高騰しています。2020年の東京オリンピックが終わるまでは土地価格の高騰が予想されるので、予算に限度のある個人投資家が参入できる余地が少なくなったのです。そのため、海外不動産の投資のニーズが高くなっているのです。特にフィリピンの海外不動産の人気が高く、日本の不動産投資会社でもフィリピンやベトナムの物件を豊富に取り揃えています。
フィリピンがおすすめの理由として、不動産価格が安いことが言えるでしょう。日本で5~7%が相場となる想定利回りも、フィリピンでは10%を超えることも珍しくはありません。購入時はノンリコースローンが、価格の80%融資されるため、個人投資家でも参入しやすいのが人気の理由です。近年では、日本の企業もフィリピンやベトナムに拠点を置くようになりました。特にフィリピンのマニラは、アジアの新たなビジネス拠点として注目を集めており、投資商品として高い期待値が予想されます。フィリピンは他の国と比べて永住権が取得しやすい傾向にあるので、今後フィリピンへの移住を検討している人にとっても最適な物件と言えるでしょう。アジア諸国の海外不動産には、まだまだ大きな可能性を秘めているため、今後の市場動向を確認しておく価値があります。最適なタイミングを図って、海外不動産の購入を検討されても良いでしょう。